ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

9千万年前の土から化石発掘体験

2017年07月15日 19時42分
ブルーシートの上に広げた土の中から、化石などを探す参加者=北杜・平山郁夫シルクロード美術館

ブルーシートの上に広げた土の中から、化石などを探す参加者=北杜・平山郁夫シルクロード美術館

 北杜市長坂町小荒間の平山郁夫シルクロード美術館は15日、岩手・久慈市から運んだ9千万年前の土から、化石などを発掘する体験イベントを開いた。
 同美術館理事長で、早稲田大の平山廉教授(古生物学)の研究室が、久慈市で発掘調査をしている縁で企画。同日は、事前に申し込んだ約150人の親子連れらが参加した。ブルーシートの上に広げた土や石をハンマーで割るなどして化石を探した。ワニの歯、鳥や魚の骨、虫が入った琥珀こはくなどが見つかった。
 サメの歯を発見した双葉中1年の浜尾圭佑さんは「昨年も参加して楽しかったが、今年はよりいいものを見つけられた」と満足げだった。
 同美術館は関連イベントとして8月31日まで、恐竜や動物の頭の骨を展示する企画展「頭の不思議展」を開いている。