会員メニュー

学生登録がお済みの方はこちら

ログイン

学生登録がまだの方はこちら

学生登録

企業紹介動画

企業からのお知らせ

  • facebook
  • twitter
  • 山梨日日新聞電子版「さんにちEye」
  • 日本新聞協会「よんどく!」
  • 山日わーく
  • 人事・採用ご担当者様 お問い合わせ

関連リンク

モバイルサイト

ORコード

一部対応していない機種がございます。予めご了承ください。

株式会社 下部ホテル

お客さまにとっての「程良さ」を見極めて、上質なおもてなしを

お客さまにとっての「程良さ」を見極めて、上質なおもてなしを

接客 

武川紫帆- Shiho Mukawa -

2015年入社

仕事の上でどんなことを大切にしていますか?

わたしは、元々は人と接するのがどちらかというと苦手な方でした。ですが、コンビニエンスストアでアルバイトをしていたときにお客さまと話すようになって接客が好きになったことと、いとこがホテルで働いていたのを見て憧れたのをきっかけにこの仕事を選びました。接客担当は、お客さまが何を求めていらっしゃるのかを感じ取って動きます。最初からうまくできるわけではないけれど、大勢いる先輩方の熟練の技を見ながら、良いものをどんどん取り入れてやってみました。

レストランでの食事を担当したお客さまから「あなたが担当で良かったわ」と言っていただいたり、印象に残ったスタッフとしてアンケートで名前を挙げていただいたりすると、本当にうれしいし、やりがいを感じられます。おもてなしには、一人ひとりにとって心地良い「程良さ」があり、行き過ぎれば不快にさえなりかねません。お出迎えから意識して、その方にとって良いおもてなしができるように心がけています。接客担当はお客さまの一番近くにいるだけに、自分の至らなさでお客さまを怒らせてしまったり、がっかりさせてしまったり、という失敗もやはりあります。しばらくは立ち直れないと思ってしまうこともありますが、立ち止まってはいられません。切り替えて、しっかり反省して、同じ失敗は繰り返すまいと肝に銘じるようにしています。

接客は気づかいが大切な仕事ですが、体力も必要です。休憩や休日はしっかり取れますが、朝食を担当するときには朝早い時間から、また太鼓ショーに出演するときは遅い時間まで、働く時間は不規則になることもあります。土日は休みが取りづらいので、他の業種の友達と休みを合わせるのは大変です。それでも、この仕事が好きですし、日々夢中で過ごしているうちに、気づいたら年数がたっていました。これから就職活動をする方には、「人と接するのが好きならば、ぜひ飛び込んでみて」と伝えたいです。

最新の先輩社員インタビュー 先輩社員インタビュー一覧

企業情報