会員メニュー

学生登録がお済みの方はこちら

ログイン

学生登録がまだの方はこちら

学生登録

企業紹介動画

企業からのお知らせ

  • facebook
  • twitter
  • 山梨日日新聞電子版「さんにちEye」
  • 日本新聞協会「よんどく!」
  • 山日わーく
  • 人事・採用ご担当者様 お問い合わせ

関連リンク

モバイルサイト

ORコード

一部対応していない機種がございます。予めご了承ください。

株式会社 下部ホテル

おもてなしの司令塔として機能するフロントを目指して

おもてなしの司令塔として機能するフロントを目指して

フロント会計 

伊藤祐紀- Yuki Ito -

2012年入社

仕事の上でどんなことを大切にしていますか?

わたしは学生のときにホームセンターでアルバイトをしていました。そこでお客さまと接する仕事が好きだということに気づき、父の実家が近い縁もあってこのホテルに就職しました。最初は研修として一通りの業務を担当し、会計、予約の担当を経てフロントに配属されました。
 フロントはお客さまと最初に接するいわばホテルの顔です。お客さまとお話ししながら滞在の目的や食事へのご要望などをお聞きし、よりよい滞在になるように、調理部門や接客・客室担当など関連部署に留意点や変更・要望事項を連絡します。各部署が連携し、チームワークがうまくいってこそ上質のおもてなしが実現するのです。

フロントはその司令塔の役割を担っていると考えています。チェックアウトのときにお客さまに「良かったよ、ありがとう」と言っていただけることが、大きなやりがいです。もちろん、大変なことも多々あります。自分のミスでお客さまにご不便をおかけしたり、社内の連携がうまくいかずにお客さまをがっかりさせてしまったり。お客さまの希望はできるだけかなえて差し上げたいけれど、難しいご要望を実現できないこともあります。お客さまに言い訳はできないので、じっと耐えながらお叱りを受けることもありました。それでも、つらいことを上回るやりがいがあるのです。同じ失敗はしないように心にとどめ、記録に残す。どんな仕事でも「意識して、覚えて、積み重ねること」は大切です。後輩や新人にも「つらいことがあっても、ムダなことは一つもないよ。みんな自分の引き出しとして残っていくから」と言います。今でも新しい経験をすることはありますし、まだまだ引き出しは増えそうです。

また、フロントとして、お客さまのお顔とお名前を覚えることはとても大切だと考えています。相手が自分のことを覚えていてくれたらうれしいし、安心できると思うのです。お客さまと会話した内容や印象などをメモしておき、後から見返したりしています。特別な時間を過ごしに訪れるけれど、自分の家に帰ってきたような安心感がある、そんな場所で、お越しいただいてからお帰りになるまで、わたしたちの心を尽くして、おもてなしができるように努めていきたいと思います。

最新の先輩社員インタビュー 先輩社員インタビュー一覧

企業情報