「エントリーシート・履歴書編 いままでの、そしてこれからの「あなた」を適切に伝えるために・・・



セレクションの第一段階


エントリーシート? 履歴書?
始めの第一歩

エントリーシートとは、あなたが企業を「受けたい」という意思表示をする最初の資料です。あなたの「ウリ」である自己PR、志望動機、学生時代のトピック、職業観、将来の夢などが各社オリジナルの書式で記入するようになっています。これらをネット上で入力して送信するか、また基に応募者をセレクションします。

 また履歴書とは、アルバイトの経験がある人ならよく知っていると思いますが「過去、あなたが何をしてきたか?」を重要視します。どちらも企業に対する最初のコンタクトとなります。一次選考と考え、丁寧でしっかりしたエントリーシート&履歴書を書いていきましょう。


美しさではなく、丁寧さ ~手書きのTips

字は一人歩きする
字はあなたそのもの

 字を書くということは、自分を相手に伝えるということです。字はその人の性格やそのときの精神状態なども影響します。穏やかな気持ちで、じっくり時間をかけて丁寧に書きましょう。ビジネスでは「丁寧さ」と「スピード」が常に求められます。一見、相反する要求ですが、プロフェッショナルなビジネスマンはその辺がきちんと整理されているものです。

 また、字は顔写真と同じく、手元を離れてからはあなたそのものとして一人歩きします。自分の字に責任を持つ、ということを念頭に書いていきましょう。


誤字・脱字をしつこくCheck!
信用の証、誤字脱字チェック

誤字・脱字には細心の注意を払いましょう。ビジネスの世界では、作業の確認は極めて重要な位置を占めます。誤字・脱字があるということは、確認を怠っている状態で、あなたのスキルやビジネスに対する姿勢まで問われかねません。

 誤字・脱字を一掃するには、当然ですがエントリーシートの場合は用紙を一度コピーしておいて下書きをし、確認した後に正式な用紙に清書していくことです。

 手間を惜しんでは内定は勝ち取れません。また、入社後もお客様に喜ばれる仕事はできません。


「何を求められているか」を正確に判断する

 質問の意図が読み取れないまま、さまざまな質問に対して場当たり的に書いているものも見受けられます。エントリーシート作成は、「ビジネス」そのものです。相手が何を求めているか、また何を知りたがっているかを的確に判断し、その上で自分に何ができるかを考え、行動していきましょう。


字数制限ひとつとっても意味がある

 字数などの記入制限、また「具体的に」とあえて書いてある部分は特に注意して記入していきましょう。

 例年、新卒採用をしている企業では、採用そのものに独自のノウハウを構築しています。制限や注意書きがあるということは、その点を特に重要視する傾向や、過去の経緯から導き出されたものです。


面接資料としてのエントリーシート・履歴書

提出書類のコピーは後々便利

自己分析の時に導き出した「あなたらしさ」が伝わっているかどうかをもう一度チェックしてみてください。同時に、誇張しすぎていないか? ただの自慢話で終わっていないかといったことを他人に見てもらうことも必要でしょう。ここで書いたことが、面接に進んだ際の「資料」となります。あなたの型で戦うことが一番強い、そのことを念頭にマスを埋めていきましょう。

 また、提出書類はすべてコピーを取るのをお忘れなく。エントリーシートや履歴書を基に、担当者はあなたにさまざまな質問をぶつけてきます。


エントリーシート 質問例

 エントリーシートは企業独自の様式であるため、質問内容もオリジナルなもので構成されています。何を求められているかをしっかり見極め、あなたもオリジナルで答えを書いてみてください。

 また、エントリーシートに必ずある「志望動機・自己PR」に関しては「志望動機・自己PR編」に詳しく解説しています!


トップ | マイページ | ガイダンス日程 | 参加企業