志望動機・自己PR編 自分の型で戦うのが一番露老い! 勇気を出して積極的にアピールしよう

 企業研究をする中で徐々に「!」と思える企業が見つかりましたか? あなたがその企業の中でどんな仕事をしているかを想像しながら担当者に思いを伝えていきましょう。最も重要なことは「どうしてこの企業を選んだか?」という志望動機と「この企業で何をしたいか?」という自己PRの2点です。

「自分らしさを相手に伝える」ということは、いかにして相手から信用を得るか? ということと密接にリンクしています。自然体であなたらしさを伝え、チャンスを生かしましょう。


志望動機…あなたのきっかけ


この企業でなければならない理由…志望動機


 志望動機とは「あなたがその企業を選択した理由」であり、「あなたが企業をどう捉えているか」です。そして、あなたが今までの経験や、自己分析、就職活動などで導き出した「仕事に関する考え方」と「志望する企業」がどの部分で結びついているかを企業に伝えるアクションでもあります。企業は、その思いが強い学生ほど「会ってみたい」と思うものです。

●きっかけは何だったのか?
 あなたはなぜ、その企業を選択したのでしょうか。他社とは違う何を感じたのか? 業界研究で得た知識をフル活用し、また独自に調べた内容などを基に、あなたが感じた企業の魅力をしっかりと浮かび上がらせてみましょう。企業理念とあなたの考え方が同じラインに沿っているか、今一度チェックも必要です。

●どうしてもココでなくてはならない理由
 その上で「この企業でなければならない理由」を大いに語ってください。あなたが捉えた企業像の中に自分を置き、あなた自身の人生の目標と照らし合わせてみましょう。何らかの可能性が見出せた時に、真の志望動機が見えてくると思います。独自の視点での企業像を、人事の方も楽しみにしていますよ。


企業を理解した上で自分を理解してもらうこと…自己PR


自己PRはあなたの「ウリ」

▲自分の将来像を意識して、積極的にアピールしよう

 志望動機が「企業をどう捉えたか」という視点であったのに対し、自己PRは「企業の中で何を実現したいか?」という夢であり、そのためには、自分になにができるかを企業に伝えるアクションです。
 簡単に言えばあなたの「ウリ」です。過去の経験から学んだことや成長した点などを踏まえ、自己分析で得たあなたという人間性をアピールしましょう。「この人と仕事がしたい」と担当者が印象を持つには、熱意だけはない会社の姿をしっかりと見極めたPRが必要です。
 PRとは広告と同じです。どういう戦略が最も効果的かを考えましょう。例えば、自分が新規開店するShopのオーナーであったなら…などと仮定して話を進めていくと、そのコツをつかめるかと思います。

経営理念、モットーは何ですか?
 あなたが最も大事にしている信念です。
Shopを始めようと思ったきっかけは何ですか?
 あなたが経験した事から何を学び、成長したか、思い浮かぶ点です。
どんな商品を並べたいですか? 将来、どう成長させたいですか?
 あなたが入社後、実現させたいと思っていることです。

 ただ、やりたいことや打ち出したいことをPRするのでは、担当者を納得させられません。あなた独自のやり方で、積極的にアピールしていきましょう!


トップ | マイページ | ガイダンス日程 | 参加企業