会員メニュー

学生登録がお済みの方はこちら

ログイン

学生登録がまだの方はこちら

学生登録

企業からのお知らせ

企業ガイダンス開催日程

  • facebook
  • twitter
  • 山梨日日新聞電子版「さんにちEye」
  • 日本新聞協会「よんどく!」
  • 山日わーく
  • 人事・採用ご担当者様 お問い合わせ

関連リンク

モバイルサイト

ORコード

一部対応していない機種がございます。予めご了承ください。

山梨信用金庫 【金融・保険】

Visual

Keynote

山梨信用金庫は、1926年11月16日、住民の豊かな暮らしと地域の経済と雇用を支える中小零細企業の発展のために設立された地域密着型金融機関です。おかげさまで2016年11月に創立90周年を迎え、お取引先企業の成長・発展と地域の皆様の繁栄をお手伝いするパートナーとして、来る100周年に向け当金庫の将来像を取りまとめた「やましんビジョン100」の実現に向けて全役職員が一丸となって取り組んでいます。
 当金庫の営業エリアである山梨県全域、神奈川県相模原市、東京都八王子市・町田市の将来を展望しますと、2020年には東京オリンピック・パラリンピック、2027年にはリニア中央新幹線の開業、現在も着々と進む道路ネットワークの整備等により、交流人口の増加や地域産業の振興などによる経済活動の拡大と地域活性化の好循環が期待されています。地域とお客様とのかけ橋となる当金庫ならではの独自性を打ち出し、地域における産業・経済の持続的な発展を後押しし、お客様の夢や地域の個性が一層輝く未来に向かって誠心誠意奉仕してまいります。
これからも当金庫は、お客様に寄り添った緊密なリレーションのもと、様々な課題を親身になって聴き取り、ニーズに合った最適なご提案と実行力によって、質の高い金融サービスの提供に全力を尽くしてまいります。

Message

2019年春の就職に向けて大きな期待と希望をもって第一歩を踏み出されたと思います。信用金庫の特性は協同組織性、地域性、中小企業専門性です。当金庫は地域金融機関としてFace to Faceによるきめ細やかな渉外活動やお客様の課題解決に向けた金融サービスの提供を使命としています。また、人材育成ではICTの進展への対応を図りつつ、お客様に寄り添い自ら考え行動できる人間力を重視しています。様々な分野における学習、体験を積まれた皆さんの情熱と行動力が、故郷山梨の発展をけん引する原動力になると思っています。

理事長 五味 節夫

About Us

創立 1926(大正15)年11月16日
出資金 103億円(2017年9月)
代表者名 理事長 五味 節夫
役職員数 448名(2017年9月)
総預金 4,251億円(2017年9月)
事業内容 信用金庫法に基づく業務そのほか金融付随業務全般
事業所 山梨県内27店舗、神奈川県相模原市内6店舗
採用人数 若干名
採用実績(校) 全国国公立・私立大、短大、専門学校
採用後の職務 営業、窓口、融資、事務 等
選考方法 書類選考、筆記試験(適性・作文)、面接試験
給与・待遇 平成29年4月実績
大卒 174,000円、短卒 143,000円
平成30年4月予定
大卒 185,000円、短卒 165,000円
昇給年1回4月、賞与年2回6・12月
休日・休暇 土、日、祝日、年末年始(12月31日~1月3日)、
年次有給休暇(半日単位取得有、最高40日繰越)、
連続休暇(7日以上9日以内)、慶弔休暇、
災害休暇、公務休暇 等
勤務時間 通常 8時30分~17時30分(休憩60分)
9・12・3月末 8時30分~18時00分(休憩60分)
※1年単位による変形労働時間
勤務地 山梨県内、神奈川県相模原市
福利厚生 各種社会保険、信用金庫年金基金、退職金制度、
確定拠出年金制度、慶弔見舞金、育児介護休業制度、
健康診断(年1回)、インフルエンザ予防接種助成、
会員制リゾート宿泊施設、職員融資制度 等
教育・研修制度 入庫1年目:通信教育、新入職員研修4月(20日間)、
フォロー研修7・11・2月(各2日程度)、
2年目以降:係別・職位別に研修を実施
住所 本部 〒400-0032 山梨県甲府市中央1-12-36
電話番号 055-235-0311㈹
ホームページ http://www.yamasin.jp/
Eメール jinji-recruit@yamasin.jp
問い合わせ先 山梨信用金庫 人事課
参加企業の一覧